フコイダンとは?

フコイダンとは、藻類(コンブ・モズク・ワカメ)などの海藻独特の「ヌルヌル成分」です。海藻の葉にある粘膜管から分泌され、葉や茎が潮の流れや砂などで痛んだときに、そこから細菌が進入しないように防御してくれるのです。

正確には、生物界に広く分布するフコースを主構成糖として硫酸やウロン酸が結びついた多糖類です。キノコの菌子体(ベータグルカン)などの多糖類とはまったく異なる海の多糖体です。

フコイダンという物質自体は100年近く前に発見されていたのですが、ほとんど知られてはいませんでした。

フコイダンの薬理作用は、これまで琉球大学をはじめとする大学研究所やバイオ関連企業などの研究によって科学的に明らかにされてきましたが、1996年の「第55回日本癌学会」で発表された「コンブ由来フコイダン及びその酵素分解物により誘導されたヒト胃癌と結腸癌細胞株のアポトーシス」 の論文発表によって一躍注目されるようになりました。

以来、フコイダンの研究は多方面で行われ、現在、実証されているフコイダンの主な薬理作用は以下のものです。

抗がん(抗腫瘍)作用と生理活性機能
免疫賦活作用
抗アレルギー作用(アトピー性皮膚炎の改善)
「アポトーシス」誘導能
ピロリ菌抑制作用


超低分子フコイダンなら「ショップフコイダン」

*注意書き*
フコイダン健康食品・サプリメントについての説明ではありません。「フコイダン」という物質が学術的に発表された資料を元にどのような物なのかをご紹介致しております。


posted by ともちゃん at 21:12 | Comment(34) | TrackBack(14) | フコイダン

フコイダン 海藻の種類で違うの?

フコイダンは、モズク、メカブ、昆布、アラメ、ホンダワラ(ギバサ)等の海藻独特の「ヌルヌル成分」のことです。

海藻の種類によって、それぞれフコイダンの種類があり、そのヌルヌル成分の構造も違います。従って、海藻ごとに含まれるフコイダンの組成にも少なからず違いがあり、それぞれ活性の違いを持っているのです。

同じフコイダンでも、種類・構造・抽出方法によって活性が全く異なります。 フコイダン でもコンブ由来、モズク由来、メカブ由来、海藻由来のものが有ります。

それではどの海藻がよいのでしょうか?フコイダンの研究が進み、フコイダンの抽出にはもずくが良いという事がわかってきました。しかももずくには特に硫酸化フコースという成分が他よりも多く含まれていたのです。もずくには、ほかの海藻に比べて約5〜8倍ものフコイダンが含まれています。

活性度が高いとされているものは、昆布科から抽出された5種類のコンブ由来のフコイダンです。

昆布の中でも真昆布の仮根(ガニアシ)から抽出される、アルギン酸とグルロン酸とセルロースのL-フコイダンとGA-フコイダンがあります。特に、L-フコイダンとGA-フコイダンはガニアシ特有のフコイダンとして注目されています。

又、最近では、ナガマツモ科の沖縄モズクから抽出されたオキナワモズクフコイダンとワカメのメカブから抽出されたメカブ由来フコイダンなどが確認されています。

しかしながら、他の海藻類にももずくにはない有効な成分が含まれておりどれが優れているというわけではありません。

超低分子フコイダンなら「ショップフコイダン」
posted by ともちゃん at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | フコイダン

フコイダンとアポトーシス

細胞が自らを死なせてしまうメカニズムアポトーシス/apoptosis

そもそも細胞は、異常な状態になったり老化したりすると、細胞自らが自滅するように遺伝子に命令が組み込まれています。その命令によって細胞が自殺することを「アポトーシス」といい、このアポトーシスによって悪い細胞や古い細胞は死に、新しい細胞が生まれるという循環が保たれ、健康な状態が維持されていきます。

ガン細胞は、このアポトーシスという命令が効かなくなってしまった細胞であり、いつまでも死なないため、放っておくと異常な細胞をどんどんと増殖させ続けてしまいます。

このアポトーシス作用により、ガンを消滅させるメカニズムがあります。これは、ガン化してしまったガン細胞を自滅させるガン細胞の『自殺死』を意味しています。

細胞のアポトーシスapoptosis(自殺死)は、もちろん正常細胞でも常に起こっている現象で、たとえばオタマジャクシの尻尾が自然に退縮したり、胎児の初期にあった指の間の水かきの部分の細胞が順番に死んで、やがて指が一本づつ独立するのも、遺伝子にプログラムされている《アポトーシス》のためです。

超低分子フコイダンなら「ショップフコイダン


posted by ともちゃん at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | フコイダン

薬の効かないピロリ菌もいる

ヘリコバクターピロリ(以下、ピロリ菌)という菌は、食物の取り扱いが不衛生であったり、下水道の設備が整っていなかったり、環境衛生の設備が悪かったりすると、非常に感染しやすくなります。

つまり、発展途上国での感染率は高く、先進国などの衛生状態のいい国では、感染率が低いのです。

日本人のピロリ菌感染者について見てみると、現在、40歳以上の人たちにピロリ菌の保有者が多いのです。これは、昭和30年代ごろまでの日本は、あまり衛生環境がよくなかったからといえるでしょう。

ピロリ菌が、一度胃の中に住み着いたら、なかなか除菌できません。
ピロリ菌は、胃粘液の奥にもぐりこんでしまうので、抗生物質を使っても、なかなか効果が現れないからです。

ピロリ菌は、数々の研究や実験によって、胃炎や胃潰瘍、胃がんを引き起こすことがわかっています。大腸に住んでいる善玉菌のように、私たちの身体にとって有益な役割を果たしてくれることはありません。ただ害になるだけならばできるだけ除菌したいものです。


ピロリ菌に感染しているかいないかを調べるには、次のような方法があります。

@内視鏡で胃粘膜の一部を採取して、顕微鏡で調べる

A血液や尿検査をして、抗体(身体の中に侵入した異物に結合する性質を持ったたんぱく質)を確認する

Bピロリ菌が胃の中でアンモニアを作ることを利用して、検査する(CLO法、ピロリテック法)

C便の中に混じっているピロリ菌を、酵素免疫測定をする

D尿素呼気テスト(特殊な炭素を含んだ尿素を飲み、20分後に呼気を採取してその成分を調べる)


病院で行われるピロリ菌の除菌方法ですが、これには、さまざまな薬剤が使われています。

しかし、ピロリ菌を直撃して退治する特効薬はありません。そこで、複数の薬を使用します。
これらは、主に、抗生物質なのですが、「細菌の細胞壁を破壊するタイプ」「遺伝子の複製を抑えて、増殖を止めるタイプ」「たんぱく質の合成を抑えるタイプ」などがあります。

抗生物質や抗菌薬、酸分泌抑制薬などを併用すると、9割ほどの確率で除菌が可能です。一割は失敗となります。

薬剤に抵抗する力を持った耐性菌が生まれてしまうことがあるからです。
抗生物質が効かない耐性菌の発生は、ピロリ菌に限ったことではありません。

薬剤の効かないピロリ菌が胃の中で発生してしまえば、除菌はかなり困難となります。
posted by ともちゃん at 22:26 | Comment(1) | TrackBack(3) | ピロリ菌

フコイダンはピロリ菌を体外へ連れ出す

今から約20年前に発見されたヘリコバクターピロリという菌(以下、ピロリ菌)は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因として日本でも有名です。

比較的新しく発見された病原菌のため、ピロリ菌を完全に除去する方法はまだ研究の途上にあるといってよいでしょう。

しかし、最近ではピロリ菌を撃退して、胃腸病を防ぐ方法が徐々に解明されてきました。海藻類のぬるぬる成分「フコイダン」が、ピロリ菌の除去に非常に効果的であると言う事です。

フコイダンはモズクや昆布、あるいはメカブやひじきといった海藻に含まれる水溶性の食物繊維です。乾燥した昆布を水で戻すと出てくるあのぬるぬるです。

フコイダンは潮の流れや衝撃によって生じた海藻の傷の修復や、海藻が周囲の微生物に食べられないように、身を守る役割を果たしています。つまり、フコイダンは海藻類にとって、自分を守る薬のような役割をしているともいえるのです。

そのフコイダンは人間の胃の中に入ると、ピロリ菌を排除する働きのあることがわかりました。フコイダンの特徴は、硫酸基(胃粘膜の粘質性の成分)という成分を多く含んでいることです。その硫酸基が、水分をつなぎとめてぬるぬるとした状態を作り出しています。硫酸基は、私たちの胃の中にもともとあって、これが胃粘膜の粘質性を保っています。

フコイダンが胃の中に入ると、胃の中に入ると胃の粘膜に張り付き、胃の隅々まで覆いかぶさって保護してくれます。この保護のもとに胃はゆっくりと粘膜の炎症や潰瘍を修復することができるのです。

ピロリ菌には、胃粘膜表面の硫酸基に住み着くという性質があります。そこへ、硫酸基を含んだフコイダンが現れるとピロリ菌は胃と同じ硫酸基を持ったフコイダンにもくっつくのです。

ピロリ菌が付着したフコイダンは、ピロリ菌をつけたまま胃腸を通り、排泄されます。このような働きをする海藻のぬるぬる成分を長年食べていれば、ピロリ菌はかなり少ないか、ほとんどいない状態になっているでしょう。
posted by ともちゃん at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピロリ菌

シーフコイダン900ml

シーフコイダン900ml【フコイダン情報局フコイダンテレビ】
■企業・ブランド名 FCC堀内
■商品名 シーフコイダン900ml
■販売価格 28,000円(税込)



豊富な栄養バランス
『シーフコイダン』はフコイダンのほかに9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれています。
これらのアミノ酸は人間のからだで作り出すことができないために、日々健康な体を保つためには外部からうまく取り入れる必要があるのです。
(必須アミノ酸をバランスよく摂取することでご健康に役立ちます)


販売元:合資会社フコイダンテレビ
統括責任者:平 明弘
本社所在地: 〒830-0037 福岡県久留米市諏訪野町2546-3
配送センター:〒834-0084 福岡県八女郡立花町白木6699
E-mail: order@fucoidan.tv [受付時間]24時間受付
電 話:0120-979-033[受付時間:午前8:00〜午後10:00]
F A X : 0120-474-251 [受付時間:24時間受付]
    「474(品良い)-251(フコイダン)」と覚えてください

posted by ともちゃん at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | フコイダン

特濃フコイダン

特濃フコイダン【ハッピージュン】
■商品名 特濃フコイダン
■販売価格 16,590円(税込)



特濃フコイダン厳選した南太平洋産天然モズクから抽出されたフコイダンを、フコイダンの働きが低下しないよう、独自の製法で抽出加工しています。

お手軽なカプセルタイプ特濃フコイダン35をご用意しました。
海藻に多い塩分・ヒ素・ヨウ素(ヨード) 等を抽出の過程で充分除去しております。


カプセルタイプはこんな方に特にオススメ フコイダンの臭い(海藻臭)が苦手な方。
フコイダンを手軽に持ち歩きたい方。
手軽に、高品質のフコイダンを摂ることができます。


発売元 フロンティア
責任者 濱岡 渉
所在地 〒733-0002 広島市西区楠木町2-5-18-101
電話  082-238-6911
FAX 082-238-6912
E-mail healthy-and-diet@poem.ocn.ne.jp
posted by ともちゃん at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | フコイダン

フコイダン・サプリの決定版/フコイダンZ・S

田幸教授開発の特許商品!フコイダン・サプリの決定版/フコイダンZ・S【美容・健康の悩みならビー・エイチ・ラボ】
■企業・ブランド名 (株)日商ファインライフ
■商品名 フコイダン・サプリの決定版/フコイダンZ・S
■販売価格 25,000円(税込)




TV・雑誌で話題沸騰!フコイダンサプリの決定版【フコイダンZ】
posted by ともちゃん at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | フコイダン

アポイダン−U(コンブフコイダン)

アポイダン−U(コンブフコイダン)【雑貨天国【ヤーヤ!】美容・ダイエット・健康】
■企業・ブランド名 ふじ光成堂薬局
■商品名 アポイダン−U(コンブフコイダン)
■販売価格 15,000円(税込)



◆アポイダン−U(コンブフコイダン)◆
アポイダンUはバイオ関連で有名なタカラバイオ株式会社が開発した、U−フコイダンという食物繊維をたっぷり含有するバイオ食品です。(*50ml瓶(顆粒の場合は1.5g)中に、昆布15cm×75cm分に相当するU−フコイダンが入っています。通常の食生活でこれだけの量の昆布を毎日食べるのはまず無理です)* 02年9月1日放送の「発掘!あるある大事典」でフコイダンが紹介されました。

◆コンブの食物繊維
海の野菜である海藻、特にコンブ・ワカメ・モズク・ヒジキなどの褐藻類は縄文・弥生時代から東洋人、中でも日本人に常用されてきました。

生命の源である海の養分を充分に吸収して育った海藻は、陸上の一般野菜に比べてビタミン・ミネラルが多く、またカルシウム・鉄・マグネシウム・ヨウ素など必須微量元素の含有量が高いことが知られています。

海藻には消化・吸収されやすい単糖類や脂質などの栄養素は少なく、良質の水溶性の食物繊維がたっぷりと含まれています。U−フコイダンは褐藻類に多く(乾燥重量の約4%)含まれる食物繊維の一種です


有限会社トウメイグループ
表取締役 干野 大介
本 社 〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南1-23-14
TEL: (052)332-5367(代表)
FAX: (052)332-5455
E-mail: webmaster@toumeigroup.com
URL: http://www.toumeigroup.com
posted by ともちゃん at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | フコイダン

フコイダン カイゲン『ガニアシフコイダン(360カプセル)』

カイゲン『ガニアシフコイダン(360カプセル)』【風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ】
■企業・ブランド名 (株)カイゲン
■商品名 カイゲン『ガニアシフコイダン(360カプセル)』
■販売価格 36,750円(税込)



今、大注目の二大素材のWパワー。ガニアシフコイダン+協和のアガリクス茸。

昆布の注目すべきヌルヌル成分には「アルギン酸」の他に
「フコイダン」という素晴らしい成分があります。フコイダンは
昆布の「ガニアシ」と呼ばれる根っこの部分に多く含まれています。
健康に役立つ作用が今、最も期待されている成分です。

ガニアシには昆布の約2倍のミネラルが含まれ(35%)、アルギン酸・フコイダン・セルロースなどの多糖類や食物繊維は昆布の1.7倍(51%)も含まれていることがわかりました。特にフコイダンは2種類(GA-フコイダン、L-フコイダン)含まれているのが特長です。

協和の「アガリクス茸」
画期的な低分子有効成分ABMK-22を含有。
協和のアガリクス茸は、土づくりからこだわり、豊富な天然栄養成分をしっかりたくわえ生育されています。
農薬やダイオキシンなどの不純なものは一切排除するシステムで、国際的基準に基づき、徹底的に安全性を追求しています。


■販売元
株式会社カイゲン
■責任者名
谷川健児
■所在地
 〒541-0045
 大阪市中央区道修町2-5-14
 TEL:06-6202-8974
 FAX:06-6202-8990
posted by ともちゃん at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | フコイダン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。